【DQ10】どうしようもない依頼書

ドラゴンクエスト,いばらの巫女と滅びの神依頼書

最近は超お出かけ便利ツールで終わらせてしまうのでゲーム内でわざわざ達成する必要もないコンテンツに成り下がった印象のある依頼書クエスト。
敵を倒して入手したりグランゼドーラで受けられる週替り討伐で貰えたりと入手方法はそれなりにあるものの、これのためだけにパーティーを組んでみんなで狩りに出かけるということも今ではあまりしないような気がします。
パーティーを組むならエンドコンテンツが多いような。

橋の依頼書

そんな中、たまたま入手したのがこのゴツい依頼書。
今更オーガキングごときに苦戦することもないし、6匹程度は1度の戦闘で終わってしまうような依頼内容なのに難易度は星5。
それなのに報酬がまほうの小ビン70個。
こういうのでいいんだよ。
錬金石とかも入ってる時代を逆行するかのようにまほうの小ビン。

玉石混淆で言うところの石。石というか砂。
誰も得しない誰も喜ばない、魔法の小ビンなんてバザーで1個1Gで買える時代なのに70個も。
ようせいの霊薬を錬金する際に使うこともできるけどようせいの霊薬2個の為にわざわざこの依頼書を受ける人はそういないでしょう。

だからこそ、こういうどうしようもない依頼書が最高ですね。
駄目な意味で持て余す物はそれだけで価値がありますよ。
前にも書いたような気がしますが報酬がひどくてどうしようもない依頼書は大好きです。
この依頼書も例によってスタッフが美味しくいただきました。

Posted by ニーセン